ガレージ倉庫の建築にかかる価格相場

最終更新日:

目次
関西No.1のシステム建築実績。

ガレージ倉庫とは?

ガレージ倉庫というのは、屋根や壁をトタンで作ったシャッター付き倉庫の総称です。
内側には何も貼らず窓も付けないシンプルな構造のガレージ倉庫は、一般住宅の車庫としてだけでなく、大型トラクターやコンバイン、農機具などの収納場所として多く用いられます。
前面全てをシャッターにすれば全ての車両を簡単に発進させられますので、農作業などを効率的に行う上でも大変便利な倉庫の種類と捉えて良いでしょう。

ガレージ倉庫の建築価格の相場とは?

一般の皆さんに最もイメージしやすい自動車1台分のガレージ倉庫については、シャッター付きで300,000円~400,000円ほどの価格相場で建てられています。
これに対して自動車+農機具とか、自動車の隣に不要なアウトドア用品を入れられるような3m×6mほどのガレージ倉庫の場合は、最低でも600,000円~800,000円ほどのコストがかかる実情があるようです。

ガレージ倉庫の品質とメリット

鉄骨で建てられるガレージ倉庫には、雪や地震などの災害に強い特徴があります。
またガレージ倉庫の部材はその大半が工場で製造加工されますので、現場における作業が少ないといった意味ではスピーディーな工期で建設可能なケースが多いと捉えて良いでしょう。
比較的シンプルな構造となるガレージ倉庫には、倉庫デザインや設備の部分で施主が頭を悩ませるポイントが少ないというメリットもあります。

ガレージ倉庫にもさまざまなオプションがある

ガレージ倉庫を取り扱う建設会社の増えた近頃では、内装や間仕切りを施すことによって、倉庫内の一角に事務所や休憩所を設けることも可能となっています。
また多くの自動車の点検などを行うカーショップでも整備工場にガレージ倉庫を活用していますので、このタイプの建物は意外と多くのシーンで活躍していると捉えて良いでしょう。

ガレージ倉庫を建てたい場合は?

ガレージ倉庫の情報を集めたい・建てたいといった場合は、工場倉庫の設計施工実績が豊富な専門業者に相談をするのがいちばんです。
このような会社に話をすれば、「施主の希望がガレージ倉庫に適しているのか?」もきちんと確認してくれます。

またガレージ倉庫が不向きな場合は普通に倉庫建築を行う提案もできますので、明確な方向性が定まらない時こそ、工場倉庫に強い建設会社のお世話になるべきだと言えそうです。

ガレージ倉庫を建てるならyess建築のような耐久性に優れた施工法を選ぶと長期的にみると大きなコスト削減にも繋がります。
設計や施工にかかる費用だけではなく、将来的なコスト削減もできる澤村のyess建築はお客様にさまざまな好循環をもたらします。

SAWAMURAについて

1950年の創業以来、地域に貢献すること、お客様の事業の発展に寄与することを目標に
さまざまな建築物を竣工してきました。1998年よりシステム建築事業をスタート。
豊富な経験と実績をもとに、さまざまなご要望にお応えします。

関西No.1のシステム建築実績。
積み重ねた施工実績とノウハウで、
確かな精度を保証します。

2020年
関西ブロック優秀ビルダー賞1位
2019年
関西ブロック優秀ビルダー賞3位
関西ブロック年間販売実績 第1位 5年連続受注賞
アティブビルダー銀賞受賞
2018年
関西ブロック年間販売実績 第3位 5年連続受注賞
アクティブビルダー銅賞受賞
2017年
アクティブビルダー銅賞受賞
2016年
アクティブビルダー銅賞受賞
2015年
アクティブビルダー 銅賞受賞
2012年
連続販売年数15年達成
2013年
15年連続受注賞
2008年
10年連続受注賞 2005年 5年連続受注賞
2004年
優秀ビルディング

資格所有者

  • 一級建築士 8人
    一級建築施工管理技士 21人
    一級土木施工管理技士 8人
    二級造園施工管理技士 4人
  • 宅地建物取引士 9人
    設備設計一級建築士 1人
    土地家屋調査士 1人
    一級建設業経理士 2人
関西No.1のシステム建築実績。

創業70年。

設計企画力、デザイン性、施工品質
ワンストップに満足いただけます

京都・滋賀・福井エリア対応