介護施設・老人ホーム・医院クリニックの建設、リフォーム、建築設計なら滋賀/京都/福井のSAWAMURA TOP > お役立ちコラム > 耳鼻科の開業を成功させるためのポイントは?平均年収や必要な開業資金も紹介

耳鼻科の開業を成功させるためのポイントは?平均年収や必要な開業資金も紹介

耳鼻科の開業を成功させるためのポイントは?平均年収や必要な開業資金も紹介

最終更新日:2021年10月27日

耳鼻科の開業を成功させるには、内装や立地、マーケティングなどに注目が必要です。ターゲットを確認したうえで適切な準備をすることで、多くの集患を見込めます。また、耳鼻科の開業を検討する際は、平均年収や必要な開業資金についても確認しておきましょう。ここでは、耳鼻科の開業を成功させるポイントや平均年収、必要な開業資金などについて詳しくご紹介します。

滋賀・京都・福井で介護施設・老人ホーム・医院クリニックの
新築建設、建築設計、リフォームなら株式会社澤村にお任せください

目次

耳鼻科の開業資金

耳鼻科の開業資金は、立地や土地の有無、導入する設備などで大きく異なります。さまざまな医療機器を導入する耳鼻科では、約6,000万~8,000万円の資金が必要でしょう。土地を持っているのであれば、必要な資金が1,000万~2,000万円は低くなります。他の診療科よりも多くの費用がかかるため、自己資金だけで耳鼻科を開業したい場合はより入念な資金計画を立てる必要があります。

耳鼻科に必要な設備は、診療ユニットや電動椅子、ネブライザー、電子内視鏡システム、オージオメータ/聴力検査室、滅菌器、画像ファイリングシステム、電子カルテなどです。また、医療機器の価格はメーカーやグレードによって大きく異なります。費用を抑えたいのであれば、まずは必要最小限の設備を導入しましょう。

耳鼻科の平均年収

中央社会保険医療協議会「第22回医療経済実態調査 (医療機関等調査)報告」によると、耳鼻科の平均年収は約1,891万円でした。他の診療科と比べて、高くもなく低くもありません。ただし、平均を押し上げている層の存在に留意が必要です。収益は、診療の単価と患者数、経費などで決まります。とにかく数をこなすスタイル、1人の患者の診療に時間をかけて口コミで集患を狙うスタイルなど、院長の考え方や医療の実施方法などで収益が変動します。

耳鼻科の開業を成功させるポイント

耳鼻科の開業を成功させるには、適切な立地で患者の満足度を高める対応ができるスタッフを雇い、的確なマーケティングで集患する必要があります。耳鼻科の開業を成功させるポイントについて詳しく見ていきましょう。

立地の選定

耳鼻科のターゲット層は、赤ちゃんから高齢者まで幅広いため、誰もが快適に通える立地であることが望ましいです。駅やバス停から近い、車や自転車で通いやすい、2階以上の場合はエレベーターがあるといった条件でテナントを探しましょう。また、耳鼻科に入る姿を見られたくない患者は少ないので、通りから見えやすいところを選ぶとよいかもしれません。

耳鼻科の競合は耳鼻科と内科です。同じ地域に耳鼻科や内科がどの程度あるのか確認しておきましょう。

内装

耳鼻科は患者数が多いため、待合室は広く作ることが大切です。土地の面積の関係で待合室を広く作ることが難しい場合は、完全予約制にすることも検討してみてください。また、ネブライザーコーナーと出入口、診察室の導線を確保しておきましょう。導線を意識しなくても通ってもらえると考えられますが、やはり院内を移動しやすいことは好印象に繋がるので、導線を意識するに越したことはありません。

また、昔ながらの病院のような内装ではなく、ある程度明るい雰囲気の内装であることが求められます。

採用

耳鼻科は、医師と看護師、受付スタッフの体制で診療しているクリニックが多いでしょう。耳鼻科は多くの患者が来院することが見込まれるため、忙しくても対応の質を落とさない人物が望ましいです。また、ホスピタリティあふれる対応が必須なわけではありません。しかしながら、感じのいい接遇は次回の来院に繋がるほか、口コミでさらなる集患が見込めるので、ホスピタリティあふれる対応ができる人物を優先的に採用しましょう。

マーケティング

耳鼻科には幅広い層が受診するので、リスティング広告やSNS運用、ホームページ、動画配信などのWEBマーケティングのほか、チラシや看板によるアナログなマーケティングも有効です。近隣にチラシを投函する昔ながらの方法も有効でしょう。また、マーケティングは基本的にプロに任せるのがおすすめです。

院長が自分でブログ記事を書いて集患するケースもありますが、必ずしもターゲットに読んでもらえるとは限りません。リスティング広告やSNSなどと組み合わせることで、より高い集患効果が期待できます。

まとめ

耳鼻科の開業を成功させるには、内装やマーケティング、採用などにこだわる必要があります。特に、競合となる耳鼻科や内科がすでにある場合は、準備次第で結果が大きく変わります。滋賀・京都・福井で耳鼻科クリニックの新築建設、建築設計、リフォームなら株式会社澤村にお任せください。内装のご希望を踏まえつつ、経験に基づいた集患効果が高い内装などをアドバイスさせていただきます。

滋賀・京都・福井で介護施設・老人ホーム・医院クリニックの
新築建設、建築設計、リフォームなら株式会社澤村にお任せください

株式会社澤村選ばれる理由

図面だけでは伝わらない情報を
3Dで分かりやすく提案

病院建築設計ではお客様としっかりコミュニケーションをとり、意見をすりあわせることが大切です。しかし専門的な知識が必要な分野だからこそ、図面を見ただけではわからないことも多いのではないでしょうか。
澤村では、医療・福祉施設レイアウト&シミュレーションソフトを利用し、データを3D化。図面ではわかりにくいポイントも、しっかり確認できます。

3D blueprints

快適な空間演出
“集客できる”施設に

心地よい施設を作るためには、設備や間取りだけでなくさまざまな心遣いが必要です。例えば、やすらぎを感じさせるデザインやおしゃれな内装。
利用者の目線に立った設備や部屋を用意するのはもちろんのこと、プラスアルファの工夫で人が集まる、ワクワクする空間を実現します。

用地探しから補助金対応まで
トータルにサポート

はじめての用地探し、補助金の対応など、不安を覚える点はさまざまあるでしょう。当社では不動産部門、企画部門、設計や施工部門といった専門チームが対応します。
お気軽にご相談いただければ、お客様のお悩みにトータルでお応えします。もちろんアフターサービスや事業発展に向けた構想計画にも対応いたします。

施工実績

幸在宅センターmint

01

幸在宅センターmint

福井で地域の皆様の快適な暮らしを支える、在宅サービスの拠点として設立されました。320㎡の木造施設で、木の質感を生かした温かみのあるデザインが魅力です。
ご依頼にあたっては弊社事例写真をご参考いただき、ファサードを気に入っていただいたことがきっかけになりました。デザインを重視したご依頼とのことで、「カフェのように居心地のよいおしゃれな空間を作りたい」というご要望から、エントランス正面にはキッチンスペースをご用意しました。
これからの時代にマッチする空間デザインを取り入れた、先進的な施設と言えるでしょう。

湖西形成外科

01

湖西形成外科

大津市は堅田にある、およそ200㎡の形成外科クリニックです。
銀行様からのご紹介でお知りいただき、「形成外科らしくない、ワイナリーのようなイメージ」というご要望をもとに建築。波型の混ぜ葺瓦やアーチ風のひさし等の遊び心を取り入れました。また、緊張されている初診の患者さんが少しでも安心できるよう、待合室は女性スタッフの意見を取り入れながら柔らかいイメージで仕上げました。パウダールームも、ホテルを思わせるラグジュアリーな雰囲気です。
木造ならではの質感や、施術室窓から庭が見える開放感のある造りなど落ち着きのある空間ができました。

小規模多機能型居宅介護施設
陽だまり

03

小規模多機能型居宅介護施設
陽だまり

滋賀の約500㎡の木造施設です。規模を踏まえ、もっともコストパフォーマンスのよい「最近の木造住宅建築システムをそのまま利用する」方法での設計となっています。
デイサービス、宿泊、訪問の3つのサービスに対応されているため、多くの人が集まる共同スペースには広さを感じさせる吹抜けを採用。スプリンクラーや自動火災報知設備、自動消防通報システム、音と光の出る避難誘導灯などこの規模にしてはしっかりとした設備を導入しています。
高い部分には排煙窓を複数設けることで、自然光も取り込める設計となりました。さらに床暖房も導入し、季節に関係なく快適な環境を実現します。

滋賀県高島市 総合病院

01

滋賀県高島市 総合病院

充実した医療サービスを提供している、地域の総合病院です。平成24年4月に、病床数210床規模の施設として新たに誕生する際、施工を担当しました。
建築にあたって、病棟を耐震強化するため滋賀県内では数少ない「免震構法」を取り入れたことで地震の振動エネルギーが病棟に伝わりにくく、激しい揺れの起きにくい病棟を実現しています。 こういった特殊技術にも高い施工力によって対応が可能です。

滋賀・京都・福井で介護・福祉・医療施設の新築・リフォームなら
株式会社澤村にお任せください

会社概要

滋賀県に根ざして70年。
総合建設業の澤村まで何でもお気軽にご相談ください。

本社所在地 滋賀県高島市勝野1108番地3
本社電話番号 0740-36-0130
設立 昭和25年12月6日
資本金 50,000,000円(グループ全体)
従業員 115名(グループ全体) ※2021年4月現在
売上高 43億円(グループ全体) ※2020年9月実績
営業科目 建築一式、土木一式、大工工事、水道施設工事、とび・土工工事、造園工事、左官工事、石工事、屋根工事、タイル・れんが・ブロック工事、鋼構造物工事、鉄筋工事、舗装工事、板金工事、ガラス工事、塗装工事、防水工事、内装仕上工事、熱絶縁工事、建具工事、宅地建物取引業、建築・土木設計、土地活用
許可・登録 〈建設業許可〉 滋賀県知事許可(特・般-28) 第80123号
〈一級建築士事務所〉 滋賀県知事登録(ワ) 第126号
〈宅地建物取引業者〉 滋賀県知事登録(11) 第1267号

その他のおすすめコラム