賃貸リノベーションで空室を30日以内に解決!

簡単30秒 無料相談はこちら
家賃12,000円UPの事例がわかる!資料請求はこちら
5年後入居率100% リノベ甲子園2年連続準優勝
簡単30秒 無料相談はこちら 家賃12,000円UPの事例がわかる!資料請求はこちら
滋賀/京都で賃貸マンションアパート空室対策はリノベーション・リフォーム業者の株式会社澤村 > お役立ちコラム > アパート・マンションのエレベーターは保守点検が必要!費用相場は?

アパート・マンションのエレベーターは保守点検が必要!費用相場は?

アパート・マンションのエレベーターは保守点検が必要!費用相場は?

最終更新日:2022年04月25日

アパートやマンションの設備として、エレベーターを導入しているオーナーも多いのではないでしょうか。

だからこそ、エレベーターの安全性を確認する定期的な保守点検は、オーナーにとって必要不可欠な業務、義務と言えます。

そこで今回は、賃貸オーナーが知っておくべきエレベーターの保守点検にまつわる基礎知識をご紹介していきましょう。

いつも通りの原状回復から
成果の出るリノベーションへ

空室対策・収支改善をサポート!株式会社澤村でリノベーションさせていただいた
ほとんどのお部屋が、リノベーション完成から30日以内に成約しています。

エレベーターの保守点検の重要性

エレベーターは、今やアパートやマンションに必要不可欠な設備のひとつですよね。

毎日、多くの人が利用する設備です。

だからこそきちんとした管理をしていないと、知らずしらずのうちに部品の摩耗や破損が起きてしまうかもしれません。

そのときには、エレベーターが落ちる、最悪のケースでは命にかかわるなど重大な事故につながってしまう可能性もあります。

このとき、管理責任は賃貸オーナーにあるものとして処理されるでしょう。

恐ろしい事故を未然に防ぐためには、定期的な点検をしなければいけません。

エレベーターの点検には2種類あり、大きく分けると「法的に定められている定期検査」と「保守点検」になります。

定期検査は、だいたい半年から1年に一度実施する必要があります。

そしてその結果は、年に一度必ず報告しなければいけません。

それに対し保守点検は、定期的に行うのではなく必要に応じて行う検査です。

エレベーターの使用頻度に応じて実施するため、「この時期に行う」というものではありません。

保守点検の場合は、定期検査のような義務もありません。

だからと言って「やらなくていい」ということではなく、保守点検は安全のために必要な点検です。

保守点検を怠っていると、事故の発生する可能性が高くなると言えます。

エレベーターの定期点検と保守点検はどう違う?

エレベーターの定期点検は法律で定められており、1年に1回行う必要があります。

定期点検をしっかり受けたあとは「定期検査報告済証」が交付され、きちんと検査を行ったことの証明となります。

法定点検は、一級建築士や二級建築士、昇降機等検査員のような資格を持っている人しかできません。

保守点検の場合は、年1回など定期的に行う点検である、という点は共通しています。

しかし、点検を実施する人については特に決まりがありません。

もちろんエレベーターにまつわる知識や実務経験のある人が推奨されていますが、有資格者でない人が点検を行っても構いません。

反対に、有資格者でない人が行う点検は「自動的に保守点検になる」とも言えるでしょう。

エレベーター保守点検の主な内容とは?

保守点検では、ブレーキ、巻き上げ機、メインロープ、バッテリーといった部分を細かく点検しながら、必要に応じて清掃、注油、調整といった作業を行います。

特に重要なのは、ブレーキがきちんときいているかどうかのチェックです。

動作状況を確認したり、ブレーキパッドの状態を確認したりすることで、安全性の向上につとめます。

さらにバッテリーや巻上げ機は、液漏れ、油漏れが起きやすいため、毎日の使用の中で変化がないか確認します。

メインロープの伸びも、事故につながりやすいポイントとなります。

こちらも変形している部分や、熱がこもっている部分がないかチェックしておかなければ、事故につながりかねません。

もちろん、人間が乗る乗り場やかご、制御盤といった部分についてもよく確認し、消耗している部分がないか確認します。

もし部品交換や修理が必要になれば、その都度問題のあった部分を修理していく必要があります。

エレベーター保守点検の契約種類と費用相場

保守点検には「フルメンテナンス契約」と呼ばれる契約方法があります。

この契約は、契約した時点で点検の結果部品の交換や修理が必要になった際、かかる費用もあらかじめ含まれていることが特徴です。

そのため、あとから「この部分の部品を交換しなければいけないので〇万円かかります」というように、別途費用請求されることはありません。

はじめから、明瞭な会計になっていることが大きな魅力と言えるでしょう。

フルメンテナンス契約の場合、費用はだいたい4~5万円ほどが目安となります。

月に4~5万円のため、年間でだいたい50万円ほどかかると理解しておきましょう。

続いて、「POG契約」と呼ばれる契約方法もあります。

POG契約は、フルメンテナンス契約に比べてランニングコストを安く抑えられるのが魅力です。

フルメンテナンス契約に比べて半額程度の、2万~2万5000円ほどで契約できます。

メリットはなんと言っても、月々のコストを抑えられることでしょう。

ただし、もし修理が必要になったときには別途費用を支払わなければいけません。

その分、「修理が必要になったときには修理を担当してくれる安い業者を自分で探す」ということもできます。

まとめ

エレベーターは、法律上行わなければいけない定期点検のほか保守点検も行う必要があります。

点検を怠っていると部品が消耗するなど性能が低下し、場合によっては命にかかわる事故にもつながりかねません。

定期点検と保守点検によってブレーキ、巻き上げ機、メインロープ、バッテリーといった部分をしっかり点検することは、賃貸オーナーの役割と言えるでしょう。

こんなお悩み、解決します!

マンション経営を取りまく環境は
年々厳しくなっています。

  • 空室期間が長くなってきた

    空室期間が
    長くなってきた

  • 年々家賃が下がっている

    年々家賃が
    下がっている

  • リフォーム後も入居が決まらない

    リフォーム後も
    入居が決まらない

  • 賃貸専門のリノベ業者を探している

    賃貸専門のリノベ
    業者を探している

入居サポート×リノベーションで空室を埋める
自信があります!

最速で成約を獲得する
入居サポート

SUPPORT

  • 01
    工事着手後、完成イメージパースですぐに仲介活動開始!
  • 02
    全国で探せる賃貸物件専門サイト『リノステナビ』に登録!
  • 03
    週1回の入居募集や清掃巡回入居が決まるまで継続!

資産価値の高い
リノベーション

RENOVATION

  • 01
    市場調査に基づくデザイナーズルーム家賃が上がるお部屋に!
  • 02
    表層改修と設備交換の組み合わせ費用対効果が高い!

デザイナーズルーム
とは?

デザイナーズルームとは

家賃が高くても住みたい部屋を選ぶ物件思考の入居者をターゲットにすることで、築古物件や駅から遠い物件でも、入居が決まる部屋づくりを提案します。供給過剰状態にある賃貸市場においては、競争のすくない市場で勝負することが大切です。

相談・査定無料

お問い合わせはこちら

空室が埋まらない、
賃料が下がってきた
等で
お悩みの方、1室からでも
お気軽にご連絡ください。

スーツを着た人

電話から無料相談・ご提案

077-572-3879

受付時間 9:00~17:00(平日、第1・3土曜)

簡単30秒 無料相談はこちら 家賃12,000円UPの事例がわかる!資料請求はこちら

お喜びの声をいただいています!
空室リノベーション
成功事例!

宇治市 T様、Y様親子

1室あたり12,000円の家賃アップが実現しました!
宇治市 T様、Y様親子

入退去を重ねるうちに価値が下がり低家賃となっていたお部屋をリノベーション。他の部屋よりも高い家賃設定でもすぐに入居が決まった。それぞれ異なるデザインプランで作った10室は現在満室状態が続いている。

空室リノベーション成功事例のBefore After
空室リノベーション成功事例の洋室

工事の特徴

  • 3点ユニット→風呂・トイレ別
  • 室内洗濯機置き場新設
  • ミニキッチン→コンパクトキッチン
  • カウンターやオープンクローゼットを設置

物件情報

住所 京都府宇治市
築年数 32年
間取り・専有面積 1R・18㎡
相場家賃/管理費 35,000円/5,000円
成約家賃/管理費 47,000円 /5,000円
京都市 N様

入居率20%だったマンションが満室に!
京都市 N様

5室中空室だった4室を若いファミリーをターゲットにリノベーション。交換が不要な設備はそのまま使用することで工事費を抑制したが、無事入居付けに成功。
退去があった後もすぐに次の入居が決まり、 高稼働率を保ったまま運営を続けている。

空室リノベーション成功事例のBefore After
空室リノベーション成功事例のキッチン

工事の特徴

  • 間取り変更なし
  • アクセントクロスでイメージチェンジ
  • 洗面台交換
  • 押入れをクローゼット化

物件情報

住所 滋賀県草津市
築年数 24年
間取り・専有面積 2LDK・60㎡
相場家賃/管理費 66,000円/6,000円
成約家賃/管理費 72,000円/6,000円

プランニングから施工・入居付けまで
ワンストップ
サポート!

『入居が決まる』『稼働率が上がる』お部屋づくりの流れをお伝えします。

  1. マーケティング調査・プラン提案 マーケティング調査・プラン提案

    01
    マーケティング調査・
    プラン提案

    お問い合わせ・ヒアリング後、物件周辺エリアの分析やライバル物件の調査を行います。周辺物件との差別化に必要な項目を確認し、最適なリノベーションプランを立案します。

  2. 収支シミュレーション 収支シミュレーション

    02
    収支シミュレーション

    リノベーション後の収支シミュレーションを行います。適切な家賃設定と工事内容で、投資損のない「入居が決まる」お部屋を提案し、オーナー様の経営をサポートします。

  3. リノベーション工事 リノベーション工事

    03
    リノベーション工事

    提案に納得いただけましたら、工事に入ります。生活スタイルに合わせた間取りの変更や、適切な設備の入れ替えにより、「暮らしたい」お部屋に生まれ変わらせます。

    \ 安心の施工品質と経営基盤 /

    1950年創業の地域ゼネコンとして培ってきた技術力と経験で、高品質な施工を実現します。安定した経営基盤を軸に、オーナー様のビジネスパートナーとして末永いお付き合いをさせていただきます。

  4. 入居サポート・成約 入居サポート・成約

    04
    入居サポート・成約

    入居付けまでを一貫してサポートいたします。イメージパースを活用し、工事再開後すぐに募集活動をスタート。仲介店舗・管理会社との協力により、早期成約を実現いたします。

    \ 退去後もお任せください /

    入居が決まって終わりではありません。数年後、もし退去があった場合には速やかに再募集活動を実施し、満室状態の継続をサポート。ずっと安心してお任せいただけます。

相談・査定無料

お問い合わせはこちら

空室が埋まらない、
賃料が下がってきた
等で
お悩みの方、1室からでも
お気軽にご連絡ください。

スーツを着た人

電話から無料相談・ご提案

077-572-3879

受付時間 9:00~17:00(平日、第1・3土曜)

簡単30秒 無料相談はこちら 家賃12,000円UPの事例がわかる!資料請求はこちら

改善のポイントがわかる!
賃貸リノベーション
事例

よくあるご質問

  • Q家賃設定の相談は可能ですか?

    A

    周辺物件の相場家賃調査、仲介業者からの聞き取りを行い、適正な家賃設定をサポートいたします。

  • Q費用はどのくらいかかりますか?

    A

    リノベーションから入居サポートまで含めたパッケージ価格となっており、平米5~7万円に設備交換費用を加えた金額が目安となります。(物件の現状・間取りによって変わりますので、お見積もりを提出させていただきます)

  • Q家賃保証はありますか?

    A

    家賃保証付きリノベーションのプランもご用意しております。1室単位でも可能ですので、お気軽にご相談ください。(※保証付きプランの場合、デザインや家賃設定は当社から提示させて頂きます)

  • Q関東に住んでいますが、滋賀・京都に所有しているマンションについて相談可能ですか?

    A

    遠方の方もお気軽にご相談ください。オーナー様の代わりに物件や周辺環境の現状確認含め対応させていただきます。オンラインでのお打ち合わせも可能です。

他のお知らせはこちら