滋賀/京都で賃貸マンションアパート空室対策はリノベーション・リフォーム業者の株式会社澤村 > お役立ちコラム > 空室対策に「募集条件の見直し」が有効!家賃を下げずに入居者を増やすには?

空室対策に「募集条件の見直し」が有効!家賃を下げずに入居者を増やすには?

空室対策に「募集条件の見直し」が有効!家賃を下げずに入居者を増やすには?

最終更新日:2021年09月15日

空室問題は、長引けば長引くほど物件オーナーにとってダメージが大きくなってしまいます。

「空室がある」という状態は放置せずに、できるだけ早く対処しましょう。

少しでも空室が気になってきたら、入居者の募集条件を見直してみるのもひとつの手です。

いつも通りの原状回復から
成果の出るリノベーションへ

空室対策・収支改善をサポート!株式会社澤村でリノベーションさせていただいた
ほとんどのお部屋が、リノベーション完成から30日以内に成約しています。

募集条件が与える影響

物件の入居者募集条件について、「賃貸経営をはじめたころからあまり手を加えていない」という物件オーナーもいるかもしれません。

しかし時代の流れとともに物件業界でも流行り廃りが生まれ、常にアップデートしなければ入居者を獲得できない状態にもなりかねないのです。

当然のことですが、同じ立地で「家賃が安い」「部屋数が多い」など条件のよりよい物件があれば、入居希望者はそちらへ流れてしまうでしょう。

かつては入居者が多かった物件に、このところ空室が目立つのであれば「ほかの物件と比べたとき、より条件のいい物件が目立っている」という可能性が大いに考えられます。

募集条件は定期的に見直して、ほかの物件との兼ね合いも踏まえて適宜よりよいものに変えていきましょう。

条件の似ている物件の相場を確認

募集条件が妥当か考える上では、周りの物件の条件をチェックすることが効果的です。

インターネットで物件検索をするだけでも、周りの物件の家賃や募集条件を確認できますので、こまめに見てみましょう。

「以前はなかった好条件の物件が新しく建っている」「同じような条件だった物件が家賃を下げている」

このような変化は、いつ起きるかわかりません。

条件を見ることで「ユニットバスの物件はかなり少なくなっているな」「1Rはすぐ埋まっているみたいだな」というような、人気の傾向が見えてきます。

そうした物件と差別化するためには、やはり家賃を安めに設定することが効果的です。

空室は必ず家賃は下げる必要がある?

家賃を下げることによって、これまでと同様の立地や条件であっても入居者が決まりやすくなります。

ただし、家賃はいったん下げてしまうとふたたびあげることが難しくなる可能性があります。

住民同士で「自分は◯万円で借りている」「◯◯さんは自分よりも△万円安い」といった話になってしまうと、オーナーに不信感を覚えてしまうでしょう。

トラブルを避けるためにはすべての部屋で一斉に家賃をあげる、もしくは下げる必要がありますが、すべての人が同意してくれるとは限りません。

特に、現在の家賃に納得して入居している人は突然値上げを命じられても困惑してしまうでしょう。

「いったん家賃を下げてみて、あとで戻せばいいや」と考えたとしても、なかなか簡単にはいかないものです。

家賃を下げることは、物件オーナーにとって収入が減ることにつながってしまうためあくまで最終手段と考えるとよいでしょう。

値段を下げずに価値をあげる方法

家賃を下げなくとも、物件そのものの価値が向上すれば空室問題は解決につながる可能性があります。

これまで募集条件としていた内容の中に、変更できるポイントはないでしょうか。

例えば敷金や礼金の金額を変更する、これまでペットNGだった物件をペット可に変更するなど。

今からでも調整できる内容があれば、検討してみましょう。

特にペット可の物件は数が限られ、家賃も割高な傾向にあります。

家賃を無理に下げなくとも、現在の家賃のままであっても、家賃の金額に見合った価値のある物件として入居者が集まるかもしれません。

ただし、これまでペットNGだった物件でいきなりペット可にしてしまうと、動物アレルギーを持っている住民がいた場合にトラブルになる可能性があります。

いきなり変更するのではなく、現在の住民にきちんと確認してから調整するよう注意しましょう。

条件も家賃も変えたくないのであれば、リノベーションによって物件そのものの価値を向上してみてはいかがでしょうか。

条件や間取りは同じであっても、床や壁のカラーやデザインがおしゃれな物件となると、それだけで印象がよくなります。

年季の入った、古びた印象がある物件であれば思い切ってがらりと変えてみてはいかがでしょうか。

さらに、人気を集めている設備や装置の導入もおすすめです。

モニター付きインターフォン、浴室乾燥機能、ウォシュレット、システムキッチンなど。

便利な機能を導入することで、物件そのものの価値を向上し家賃や条件に見合う状態にすれば、入居希望者が見つかりやすくなるでしょう。

まとめ

空室問題は、大家さんにとって早急に解決すべき課題と言えるでしょう。

募集条件を今一度見直してみると、ライバルとなるほかの物件との違いや強み・弱みが見えてくるかもしれません。

家賃や条件を変更するのが難しいのであれば、リノベーションによって価値そのものを向上し、空室対策につなげましょう。

大家さん必見!リノベーション工事で
空室を30日以内に入居済に!

空室対策・収支改善をサポート!株式会社澤村でリノベーションさせていただいた
ほとんどのお部屋が、リノベーション完成から30日以内に成約しています。

他のお知らせはこちら