工場の改善提案にはどんな事例や具体例があるのでしょうか?

最終更新日:

目次
関西No.1のシステム建築実績。

工場倉庫における改善提案

工場倉庫内の現場を知り尽くした従業員から出てくる改善提案は、企業における事業運営全般に好循環をもたらす存在として注目されています。こういった改善提案を専門のコンサルティング会社にお願いすると、高いコストがかかるだけでなく、日々の現場運営に即した内容とはかけ離れた内容になることもあるのです。
これに対して従業員から出てくる改善提案の場合は、コンサルティング料も一切かかりませんので、経費節減を目指す会社にとっては有り難い存在になるとも言えるでしょう。

改善提案にはどんな具体例・事例があるの?

事業主から改善提案を求められた従業員の中には、「一体何を伝えるべきなのだろう?」と頭を悩ませる方々も多く見受けられます。
確かに全く経営知識のない従業員が改善提案というキーワードを耳にすれば、大変難しいことを求められているような気持ちになると言えるでしょう。

しかし改善提案の具体例を見ていくと、その大半が意外と身近で簡単な内容であることがわかるのです。

《不便さを伝える》
普段から感じている作業場での不便さの中には、事業主も知らない人件費の増大や事故リスクの要因になっている事項も非常にたくさん存在します。
また不便さというのは一般従業員しかわからない内容でもありますので、こうした話を詳しく改善提案に盛り込むことで現場のイメージを事業主に想像してもらうこともできるのです。

《無駄を伝える》
長きに渡って同じオペレーションが続いている工場倉庫では、新入社員にとって「どうしてこんな無駄なことをしているのだろう?」と疑問を感じるポイントも非常に多い傾向があります。
特に現場を仕切るリーダー的な従業員が年配者の場合は、無駄と知っていても改善提案を行わないケースも多く存在するようです。

《安全面の不安を伝える》
工場倉庫内で生じる事故やトラブルのリスクが少しでもあるなら、改善提案を通してチームリーダーや事業主に伝えておくことも必要です。
特に化学工場や食品加工工場内で生じる事故やトラブルの内容によっては、事業運営ができなくなる可能性もありますので、その現場で全てのスタッフが毎日働けるようにするためにも、安全面の改善提案は欠かせないと言えるでしょう。

まとめ

従業員から上がってくる細かな改善提案を聞き入れる工場倉庫では、無駄なコストやトラブルが生じにくい傾向があります。
また地球温暖化の進む今の時代は、工場や倉庫内の温度に関する改善提案も多く見受けられますので、大事な商品の品質や従業員のコンディション維持といった意味でも聞き入れるべき内容は変わりつつあると言えるかもしれません。

澤村が自信を持って提供しているyess建築のような耐久性に優れた施工法を選ぶことも大事なコスト削減に繋がります。
設計や施工にかかる費用だけではなく、将来的なコスト削減もできる澤村のyess建築はお客様の工場にさまざまな好循環をもたらします。

SAWAMURAについて

1950年の創業以来、地域に貢献すること、お客様の事業の発展に寄与することを目標に
さまざまな建築物を竣工してきました。1998年よりシステム建築事業をスタート。
豊富な経験と実績をもとに、さまざまなご要望にお応えします。

関西No.1のシステム建築実績。
積み重ねた施工実績とノウハウで、
確かな精度を保証します。

2020年
関西ブロック優秀ビルダー賞1位
2019年
関西ブロック優秀ビルダー賞3位
関西ブロック年間販売実績 第1位 5年連続受注賞
アティブビルダー銀賞受賞
2018年
関西ブロック年間販売実績 第3位 5年連続受注賞
アクティブビルダー銅賞受賞
2017年
アクティブビルダー銅賞受賞
2016年
アクティブビルダー銅賞受賞
2015年
アクティブビルダー 銅賞受賞
2012年
連続販売年数15年達成
2013年
15年連続受注賞
2008年
10年連続受注賞 2005年 5年連続受注賞
2004年
優秀ビルディング

資格所有者

  • 一級建築士 8人
    一級建築施工管理技士 21人
    一級土木施工管理技士 8人
    二級造園施工管理技士 4人
  • 宅地建物取引士 9人
    設備設計一級建築士 1人
    土地家屋調査士 1人
    一級建設業経理士 2人
関西No.1のシステム建築実績。

創業70年。

設計企画力、デザイン性、施工品質
ワンストップに満足いただけます

京都・滋賀・福井エリア対応