倉庫建設建設、工場建設建築のyess建築TOP > コラム > 物流担当者必見!これだけは知っておきたい倉庫業法の基本ポイント

物流担当者必見!これだけは知っておきたい倉庫業法の基本ポイント

Fotolia_78080504_S


倉庫業法における立法趣旨とは?

倉庫業法とは、営業倉庫に関するルールを定めた法律です。

物流業界に対して、倉庫業を営む上で欠かせない基準を定めたこの法律には、こうした業者を利用する荷主企業に不利益やトラブルが生じないように保護する役割があります。

倉庫業とは何ですか?

お客様の物品を倉庫で預かるサービスを、倉庫業と呼びます。

倉庫業の注意点としては、付随的にお客様の品物を預かる場合は、例外になってしまうということが挙げられます。

例えば、クリーニング業者に出した衣類が戻ってきているのに、なかなかお客様が引き取りに来ない場合に、店舗に保管スペースが確保できないからといった理由で倉庫に移ったケースについては、付随的な理由ということで倉庫業の対象から外れる形となります。

物流担当者が押さえた方が良い2つのポイントとは?

物流業界でお客様の品物を預かる仕事をする場合は、倉庫業法に関わる下記2つの点をおさえておく必要があります。

・倉庫業という事業には登録が必要であること
・営業倉庫ではない自家用倉庫の利用は、お客様にとって不利益の生じるリスクが高いこと

登録制の事業となる倉庫業は、この法律にもとづき国土交通大臣に認められた業者だけが営業できる仕組みとなっています。

そのため、この登録を受けるためには、倉庫業法で定められたさまざまな登録基準を満たす必要があるのです。

これに対して登録を受けていない自家用倉庫は、物流業界が健全に発展するために欠かせないポイントを担保していないという理由で、お客様にとって問題や不利益が生じる可能性が高いと考えられているのです。

また大事な荷物の保管を考えているお客様は、国の法律できちんと認められた営業倉庫を選ぶ傾向がありますので、この登録を受けないことによる営業面での支障は意外と大きいと言えそうです。

自家用倉庫と営業倉庫の違いも知っておいた方が良い

安全に物を保管できる存在として注目される営業倉庫には、下記3つの大きな特徴があります。

・一般の建築物よりも遥かに厳しい基準をクリアしている
・倉庫寄託約款が存在する
・荷物の火災保険は業者側で付保する形となる

こうした形で、倉庫に火災が発生した時の担保についても決まっている営業倉庫は、万が一のトラブルに不安を抱くお客様でも安心して利用可能な仕組みと言えそうです。

これに対して上記の大きなメリットのない自家用倉庫は、お手頃価格で利用することができても、万が一の問題時に非常に弱い存在となります。

参考になった!と思ったら、是非いいねして下さい(^^)

施工実績一覧