倉庫建設建設、工場建設建築のyess建築TOP > コラム > 工場における効率と安全性のアップにつながる塗装と床材の工夫とは?

工場における効率と安全性のアップにつながる塗装と床材の工夫とは?

ガッツポーズの作業員


食品工場における塗装の特徴と工夫

調理の際に熱湯や火を使うことの多い食品工場では、耐火性・耐熱性の高い塗料が床材に用いられることが多いです。

また衛生管理が製品品質や安全性に繋がる食品工場においては、汚染区域と非汚染区域に分けてそれぞれのエリアに合った床材を用いるケースも少なくない実態があるようです。

印刷工場における塗装の特徴と工夫

カタログやポスターといった印刷物をつくる印刷工場においても、床材の選定は非常に重要です。

例えば、印刷工場内で発生した粉塵は、インクに付着することにより製品品質に多大な影響を与える存在となります。

こういったトラブルによりお客様に多くの迷惑がかかる印刷工場では、床材に防塵性の高い塗料を用いる傾向が高いようです。

製薬工場における塗装の特徴と工夫

清潔さが求められる製薬工場においても、粉塵の発生防止や抗菌性の高い床材が用いられることが多いです。

また製造中に床に薬の成分が付着する可能性の高い薬品工場では、耐薬品性や静電気防止といった多彩な機能を持った塗料を使う傾向があるようです。

機械工場における塗装の特徴と工夫

機械の部品製造や整備を行う工場では、洗浄剤や油が多く使われる実態があります。

そのため、このカテゴリの工場の多くは、耐薬品性や耐油性の高い塗料を床材に用いる傾向があるようです。

またこの他に、重量物の運搬やフォークリフトの通過の多い機械工場においては、衝撃に耐えられるだけの硬度や強度といった工夫も床材に求められる形です。

工場には使用する床材にも複数の種類がある

工場で使用する床材には、大きく分けて有機系塗り床材と無機系塗り床材の2種類があります。

コンクリートの上に合成樹脂を塗った有機系塗り床材は、精密機械工場や食品工場で多く活躍する種類です。

これに対して衝撃に強く耐火性に優れている無機系塗り床材は、溶接工場や自動車製造工場などで使用されるケースが多いと言われています。

こうした形で床材に使用する塗料は業態によって全く種類や材質が異なる形となりますので、自社に適したものを選ぶ時にはまず工場倉庫などの施工実績の豊富な専門店に相談をしてみてください。

また現状生じている問題がある場合は、その相談をする形でもより良い提案が得られることでしょう。

参考になった!と思ったら、是非いいねして下さい(^^)

施工実績一覧