くらしに提案!融雪装置のご案内 | 滋賀県大津市・高島市などでリフォームを考えている方へ|さわむらのリフォーム|株式会社澤村

澤村のリフォームメニュー

くらしに提案!融雪装置のご案内

暮らしに提案!   ◎冬場のわずらわしい除雪作業から解放されます

 

 近畿の水瓶と言われる琵琶湖 その琵琶湖へそそぐ多くの河川は私たちの足元にも 地下水脈として広がっています。

昔から地下水は、夏冷たくて冬暖かいといわれるように、年間を通して平均温度13℃~16℃。飲料水あるいは湧水地は生活に欠かせない貴重な水場とされてきました。

vector-water-splash-600

 近年交通網が発達し、主要幹線では融雪装置が整備されつつあります。

 道路の融雪装置の水源ももちろん地下水です、しか膨大な水量を必要とするため、一般的に深井戸と言われ地下50m~80mの水を使用しています。この掘削費用は1mあたり 約1万円ほどかかり、水に届くまでは50万円~100万円ほどかかって

しまいます。

 

 

 

 

————————————————————————————————————————————————-

降雪感知機今回 澤村がご提案させていただく商品は、玄関アプローチ・車庫まわりの融雪です。

この場合浅井戸と言われ、地下15mまでの水を使用します。もちろん夏場は庭や畑の散水に使用できます。

この井戸水を家庭用融雪に特化し、商品としてご提案させていただきます。

特別販売価格 350,000円(税別)

定価400,000円 (税別)

井戸掘削費約10m +      消雪キット(川本浅井戸ポンプ・砂取器・制御盤・降雪センサーケーブル5m・KITZ電動弁・Yストレーナー25A・家庭用融雪プテクター 両面10m)  ※電気工事・土間工事別途

一人暮らしのお年寄りのお家でも案心してお使いいただけます


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る