澤村トップ ブレインマンション > 税制上の優遇措置

土地活用

優遇措置
賃貸マンション経営の税制上の優遇措置

賃貸マンションの経営にあたっては、様々な税金がかかってきます。しかし一方で、賃貸マンションを建設することは、税制面での優遇措置も多く、他の土地活用に比べて断然有利な資産活用形態であるといえます。

法令に基づき算出された面積が40m2~40m2の間であれば、一戸あたり1,200万円の評価額から控除されます。

1戸あたり200m2まで、
固定資産税が1/6になります。
1,000m2(約300坪)の更地の固定資産税評価額3000万円の土地を駐車場として利用した場合と、賃貸マンションとして利用した場合を比較した場合、年間約37万円の差が出ます。


資産総額 1億 5千万円
基礎控除 -9,000万円
課税遺産総額 6,000万円
建築費 1億円
(借入金で補填)
資産総額 1億 6,500万円
債務控除 -1億円
基礎控除 -9,000万円
課税遺産総額 -2,500万円

<例> 試算総額 土地1億5,000万円(他の相続資産はないものとする)
遺産分割 妻:1/2 子供3人:各1/6

借入金利子・減価償却費・維持管理費等を経費とすることで、税務上の、税務上の収支を低くできます。また、他に収入(給与所得等)がある場合、税務上の収支をマイナスとすることで、合算により総所得を引き下げられます。

一定規模以上で賃貸マンションを経営してる場合、その記帳決算の仕方のレベルに応じて、65万円まで控除できるようになっています。(平成17年申告分から)
一定規模以上では法人化により、所得税の軽減が図れます。
法令に基づき算出された面積が40m2~280m2の間で、床面積2分の1以上が居住用の場合、3階建て以上のブレインマンション(1戸あたり120m2以下)なら、最初の5年間は固定資産税が2分の1に軽減されます。
※図はイメージです。実際には3年ごとに評価額の見直しがあるため、固定資産税も変動します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Copyright (C) 2014 SAWAMURA CO;LTD All Rights Reserved.